ボイストレーニングとは

ボイストレーニングとは発声練習の事でしょうと思われる方、多いですよね。

これも間違いではないのですが、人個々にあった発声法を実現するためのトレーニングのことを意味しています。

単なる発声方法ではないという点が驚きですね。

歌手を目指す人、役者さん、音楽家など声に関する職業を目指す人たちが行うものと私は勝手に思っていたのですが、このような仕事でなくても個人にあった発声方法をという事ですから、誰でもどんな人でも良いと言う事になります。

ですが日本ではポピュラー音楽のための発声方法練習というとらえ方をする人が少なくはありません。

そのために歌手を目指す人、役者さんなどという職業を目指す人が行うという認識が強いのかもしれません。

ボイストレーニングについての研究は様々に行われています。

耳鼻科の医師も加わっているとか。

大阪でも音楽関係者や医師などの情報交換も盛んに行われ、より良い方法についての研究がされていると思います。

書店でも見かける事が多くなったのはこのような事が理由のようですね。

大阪や東京だけでなく地方にも広がっているトレーニング方法、さらに効果などが実証されると良いですね。

私の声の大きさのルーツは

私が若い頃、都心部で働いていたときにボイストレーニングを受けたことがあるの?と聞かれたことがありました。

不思議に思っていたのですが、私の声、とても大きい、どこまでも届くのではないかと思うくらいだというのが理由でした。

そう私の声、大きいのです。

最近でも近所の方に、声が大きいと言われてようやく、なぜ大きいのかと思うようになりました。

小学生の頃にピアノを習っていました。

そこの教室はピアノの他に合唱も教えていたのです。

先生が音楽大学の卒業生ということもあり、発声に関してはとても厳しかったことを思い出します。

この発声練習が、いわゆるボイストレーニングだったと今では思いますが、私の声の大きいというルーツは、どうもこの教室の訓練成果と思えます。

大阪の知人にこの話をしたところ、非常に納得したという返事を貰いました。

大阪のボイストレーニングで練習

最近は大阪でもボイストレーニングという広告を見かける機会が多くなったと言います。

なんか良いことがあるの?と逆に質問されましたが、回答は出せませんでした。